気分UPの種

予期していないギフトが放つ希望。

友人から届いた季節の贈り物。 予期していないことは、ものすごく嬉しいということを、思い出す。
気分UPの種

リアルジャズバー<菊>な夜。

今夜はTBSラジオ 「菊地成孔の粋な夜電波」の人気企画「リアルジャズバー<菊>」が渋谷のe-plusカフェに出張、ということで、菊地さんのナマDJを聴きに行ってきました。
Monologue(モノローグ)

【カタチ】憧れの輪郭線は、近づくほどに薄くなっていく。

遠くから眺めている時は、輪郭がくっきり見えていた。道しるべのような顔をして、いつだって目立っていた。
Monologue(モノローグ)

約束の行方~交わしたってことは、本当だったから~

守り、守られた約束だけが、ここにあります。
Monologue(モノローグ)

気配~陽ざしの記憶はいつもまぶしさを連れてくる~

目を閉じたなら、 まぶたはその熱さを知っているし、その明るさも知っている。
Monologue(モノローグ)

Monologue(モノローグ)~本当の本当を探る、ささやかな時間~

モノローグ(monologue)。モノはひとり。ローグは言葉、台詞(セリフ)。 演劇では、登場人物の心の中のひとりごとだったり、映画や漫画でもひとり語りだったり。 例えば、大ヒットしている「君の名は」は、アニメ作品として...
学び・再確認

「薩摩の男」の教えに女が頷いた話。宝くじより起業なのか。。。

写真提供:playlight55 「薩摩藩の教え」にある「男の順位」って知ってるかしら? ビジネスの研修などでは、有名な教えのようで、私は先日偶然見ていたウェビナー(ウェブセミナー)で、耳にして、これはなかなかシビれました。 ...
クスリと笑えるくすり

嘘。~人生を舞台に、綺麗に、巧妙に、素朴に、使う~

「在日ファンク」というバンド、ご存じでしょうか? 私は特に、大ファンというわけではないのですが、楽曲の歌詞はイカしてる、と思えるタイトルがいくつかあります。その中に「嘘」っていう曲の歌詞は結構シビれます。
クスリと笑えるくすり

たかはしよしこさんの「モロッコ胡椒」\クスリと笑えてしまうくすり/

\クスリと笑えてしまうくすり/「モロッコ胡椒」これを料理にかけたり混ぜたりすると、何でもモロッコ風になるので、旅食ワールドに浸れて楽しくもあり。 私は、ゆでたじゃがいもを崩して、「モロッコ胡椒」を混ぜるのが好き。ビールややや甘口の白ワインにも合います。
気分UPの種

読書をしていると、精神的に老けにくい、らしい。。。

平均年齢89歳で亡くなった294人の被験者の脳を調べたところ、若い頃や年をとってから読書などで頭を使っていた人ほど、記憶力の低下が抑えられていたことが判明。
こころ触りの良い時間

そうじゃない扉。

こころ触りのよい時間 そうじゃないことに がっかりしすぎてた。 そうじゃないことは、 ただ知らないことだった。 ただ、それだけだった。 そうじゃない扉をあえて抜けてみる。 知らない世界へ、...
気分UPの種

東京タワーを横から見る。

どんなに歳を重ねても、知らないこと、したことがないこと、っていっぱい!『初めて』に出くわした時は、いつだってワクワク。心躍ってしまいます!そこには子供の頃の私がいたりも(^^♪ ≪今日の初めて日記≫ 東京タワーって見上げるも...
スポンサーリンク