学び・再確認

世界観は臨場感が広げてくれる★ヨガクラスで樹木のような人が場の空気をアゲてくれてマス!

臨場感は、その世界感に入り込むあたり、とても効果的ですね。
Monologue(モノローグ)

【あの憧れのゆくえ】あらゆる感情を時々の風の中で辛抱強く見守るとうっすら見えてくる。

一見無地とも思える生地でも、実は、精巧な柄が折られていたりするのと同じように、人の表情も一見ではわからない奥深さがあります。その奥深さを察知できる感度を磨きたいと思うのです。
学び・再確認

雑誌「つるとはな」が伝える人生を刻むキレイなシワに憧れる話。

「つるとはな」は、人生の先輩たちや若くから信念ある生き方をする人たちの『今』を伝え、暮れゆく人生への不安を憧れに変えてくれるような、そんな雑誌。元マガジンハウスの「ku:nel(クウネル)」初代編集長の岡戸絹枝さんが、編集長を務め、2014年に創刊されました。
おまじないギフト

【北欧】幸運のシンボル馬「ダーラヘスト」がモデル★Fika(フィーカ)のクッキーで結構ハッピーになれる話。

渡辺祐さんと山田玲奈のナビゲートの「RADIO DONUTS」のVOLVO「DESIGN YOUR LIFE」枠。個性的なゲストをお茶とお菓子でおもてなしをしながら、家族やライフスタイルについてお話するコーナーがありまして、そのおもてなし菓子に、時々(毎回?)この馬のクッキーが出されているんです。
おまじないギフト

ふりかけると一瞬で蜜になる魔法の砂糖★疲れ気味の大切な人へ贈りたい♪

「デザートにふりかける 蜜になる砂糖」。 ポチ袋サイズ(縦14cm×7cm)に折りたたまれたクリーム色の紙の上、ど真ん中に筆文字でこの商品名、老舗商店の赤い角印。。。 こ、これは、ふりかけてみたい。 砂糖が蜜になる瞬間を見...
気分UPの種

栄養素スコア100の優秀野菜「クレソン」を食べる地味な習慣で若々しいおばあちゃんを目指す

クレソンたっぷりの肉うどん。あっさり美味しくて、マルチサプリメント並みの栄養が摂れて、しかもちょっとロマンチックなメニューです。
気分UPの種

ミュシャ展「スラヴ叙事詩」作品サイズも込められた思いもメガ級!

スラヴ叙事詩」は、チェコに伝わるスラブ民族の神話や歴史的事件をモチーフ描いたミュシャの20点に及ぶ連作。同国の作曲家スメタナの交響詩『我が祖国』に想を得たと伝えられらたりもしています。世界的な書物とかではなく、ミュシャのオリジナルなんですね。
本・ことば

吉本ばななさんの「不思議」に共感。POLAの冊子WEに安らいだ話。

「不思議だな」と思うこと。いろいろありますね。みなさんは、どんな時、不思議だな、って思いますか?POLA冊子WEでは、不思議とはインスピレーションの源。次のステージへのチケット。
本・ことば

【禅語】施無畏(せむい)仏様が手のひらを前に向けるのは恐れをなだめるポーズ。

石井ゆかりさんの「禅語」は、美しい自然の一部を切り取った、井上博道氏の写真と石井ゆかりさんの文章が交互に構成されているのですが、写真も文章も本当に美しくて、眺めているだけでも、浄化されていくような気分になります。
気分UPの種

クリスタル・ケイさんbillboard-live!「好き」の共通点があれば、嘘のない時間を共有できる!

クリスタル・ケイさんといえば、13歳の時に「Eternal Memories」でデビューした天才歌姫。『恋におちたら~僕の成功の秘密~』主題歌「恋におちたら」などのヒットで大ブレイクして、近頃ですと、フジテレビ系『オトナ女子』の挿入歌「何度でも」や、沢井製薬のCMソングでも活躍されていますね。
気分UPの種

金原ひとみさんの毒っ気のある言葉が、楽観を選ぶ勇気をくれる話。

偶然、出くわしてしまった何かによって、人生を照らすライトが、何ルクスもあがったことってありませんか? そのひとつに、「蛇にピアス」という作品で、芥川賞を受賞した、作家の金原ひとみさんのことばがあります。
おまじないギフト

「ラーメン仮面」背中を押さないゆるい励ましが魅力!

インスタントラーメンマニアでもファンでもない私ですが、これを見た途端、ズキューン!
スポンサーリンク