desk

「大人のボンボン。」について
300paysage_mo01
数年前、仕事帰りに乗った電車の中でのことです。
夜10時前後だったでしょうか。
乗客はまばらで、私はシートに座っていたところ、
途中停車駅から、賑やかな笑い声とともに熟年カップルが乗り込んできました。

二人ともいい具合にお酒が入っている様子で、向かいの席に座り、とても仲良く楽しそうでした。
夫婦か、恋人か、ただの友達か、秘密の関係か、そんなことを考えながら、私は、何気なく、でも、じっと、二人を見ていたのだと思います。

すると、女性がふと立ち上がり、いきなり、私の前へやってきました。
迷いなく、ずんずんと。
何故か、無意識に叱られる、と思い込んでしまった私です。
即座に目をそらし、体を固め、息を小さくして、視野に入るだけの状況の行方を追っていました。

そんな私のことなど微塵も気にすることはなく、その女性は大きなショルダーバッグの中をゴゾゴゾ。
しばらくして、何かを探り当てると、それらを掴んで取り出しました。
チョコレートとキャンディーひとつかみ分。
それは、唐突に私の顔の前に差し出されました。
どれも近所のスーパーでお馴染みブランドのもので、それらが脈絡なく混ざり合っていました。

私は、驚き、同時に可笑しくなり、
全く躊躇せずに、てのひらをひろげて、それらを受け取ってしまいました。

そして、その女性は、「かわいいわね」と笑ったのです。
この世のことを何も知らない子供に言うような口ぶりで。

電車を降りて、家路を歩いている途中、
謎の女性から手渡されたキャンディーをひとつ、包みをむいて、口に入れてみました。
甘ったるいミルク味。特別美味しいわけではありませんでした。
でも、なんだか嬉しくて、どこか懐かしくて、
私は、急に、満たされた気持ちになりました。

そうだ、ボンボン。あの、感覚。

かわいいわね。
小さな褒め言葉と、小さなご褒美。
十分に愛されている、という大きな安心感。

昔々、あめ玉ひとつをまっすぐに喜べたのは、
自分の存在を認めてもらえた合図だったからかもしれない。
そして、それを疑う余地を持たなかったからかもしれない。
大人から子供へ向けられた、お決まりの施し。

そう、それは、小さな子供の頃、確かにそこにあった感覚でした。
大人になった今、その記憶が浮かび上がってきたのは、全く驚きで、
それは、私にとって、とてもステキな瞬間として記憶されました。
いろいろな体験を重ねると、自動的に損得勘定が作動してしまいがちで、
純粋に喜ぶチカラが、弱ってしまっていることにも気づかされました。

ボンボン(bonbons)。
本当のヨロコビを感じるまっさらな気持ちと、それを呼び寄せるきっかけ。
それを見つけたり、考えたり、作っていったりしてみたい。

これから重ねていく日々に、気持ちの矛先が定められた瞬間でした。
大人のあめ玉。当サイト『大人のボンボン。』の名の由来です。

サイト運営・制作

keiko

プロフィール

短大卒業後、日興証券(現SMBC日興証券)にて6年間勤務後、販促会社にてコピーライター、ウェヴ制作業務に7年間携わる。後、ECワインサイトにてウェヴ制作責任者として11年間勤務。2013年よりフリーランスでウェヴ編集や制作をしたり。(現在は再び組織に席を置いてウェブのお仕事してマス)2007年より心理学、心理セラピーを学び、メンタルセルフケアやトレーニングについて探究中。今後のライフワークは、”おもしろがる”という行為を促す”何か”を考えて、つくること。多くの人々が心穏やかなる時間をたくさん持てたらいいな、と思っているのです。

・メンタルケア心理専門士(R)/メンタルケア学術学会認定 文部科学省所管(財)生涯学習開発財団認定
・NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナー/全米NLP協会&日本NLP協会認定
・LABプロファイル® プラクティショナー/カナダ Success Strateties 社/シェリー・ローズ・シャーベイ認定
・ワインエキスパート/(社)日本ソムリエ協会認定
・パンコーディネーター /(社)日本パンコーディネーター協会認定
・1998年マガジンハウス主宰三菱地所協賛「丸の内文学賞」で短編小説「またね」でHanako賞受賞(「丸の内の誘惑」内に収載)

ライフワーク

・ことばデザイン
・おもしろがるチカラを高める研究と実験、そして時々提案。
起きていることをおもしろがれるといつも楽しい → 思考を不安や恐れにフォーカスしない → 心が平穏になる → 豊かさを感じる時間が増える。という流れを。近頃、信じているのです。

ライスワーク

・ECマーケティング会社の会社員
コンテンツの企画やコピーライティングやウェブ関連サポートをしています。

日常の気質と傾向

・コツコツ
・キホン、積み重ねを信じている。
・週1~2回ジムでエアロやダンスやヨガ。
菊地成孔氏の音楽と文筆(感覚)に寄り添う。
・自分で触れてみること(噂や漂っている情報を鵜呑みにしないよう心がけています)。
 ※気持ちの切り替えスイッチはたくさん持っていた方がいい。そこで、日常生活で馴染みの深い「パン」にその役割はできないものか、と、思い立ちまして、「パン言葉」を創ってみたりしています。想像のチカラで日常をおもしろくできたらなぁ、と。その記録はブログにて。『キュアブレッド』

好むこと

・ドーナツのにおい。

・あわてない感じ。

好まないこと

・ずるがしこい感じ。