2013-12-29

麓(ふもと)。

こころ触りのよい時間

エッフェル塔の下から

やっと、そこに辿り着いたら、その立派な姿は消えてしまいました。
塔の真下。“憧れ”あるいは“夢”のありか、とも。
遠くから眺めている時は、その輪郭はくっきりしていたのだけれど。
そして、それを追って、近づいて、近づいて、近づいてきてみると、
その姿は、どんどん大きくなった後、視野からはみ出してしまって。
もはや、その全貌を目にすることはできなくなってしまったのです。

憧れのふもと。夢のふもと。

スポンサーリンク
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です