2017-02-16

【揺れる】揺れることができるのは、どこかに繋がっているから。

800allusion01

【揺れる】

揺れる。
木々が、花が、夢が、気持ちが。

揺れている。
昨日が、明日が、今日が、今が。

揺れるのは、
どこかが、何かに、つながっているから。

揺れることができるのは、
一部が、何かに、支えられているから。

でなければ、
ころがっていく、飛んでんでいってしまう。
ここにとどまることは、できない。

揺れるのは、
どこかで、何かに、守られているから。


Memo

「ゆれる」というタイトルの映画があります。

2006年に公開された、西川美和監督作品ですが、私は上映中に3度観に行きました。

主演のオダギリージョーさんがカッコ良かったのもありますが、何より、登場人物の心の描写の演出に参ってしまったからです。

何かが起こる予兆として、酒びんが倒れたり、ドアを閉めた時の空気の振動で波打つ写真の現像液で、心のゆれと同調させたり、もう、細部まで見逃せないのです。

心象は、全てでなくとも、必ずどこか現実とつながっています。

よって、ゆれるわけです。

思い込みと真実とのズレ、記憶の曖昧さ、普通の顔をした、奥の奥に潜む本当について、深く考えさせられる作品です。

誰かの犠牲になって、我慢して、現状を受入れている。それを自覚しながら生きていると、憎しみや羨みの種があることはわかっているので、考えるたびに、思い出すたびに、その思いは育ってしまうもの。

でも、その考えを選んでいるのは、何をかくそう、自分。

興味があったらぜひ、観てみてくださいね。DVDやblu-rayで出ているので。



「Monoloque(モノローグ)]について>>

本当の本当を探る、ささやかな時間。思いと現実のズレを整える術として。


スポンサーリンク
関連記事