2017-02-04

3ヶ月で「ツイてる」脳になる!結果にコミットを実験してみる。

first penguin

「おもしろがれる大人」のプロを目指しているkeiです。

どんな状況でも「ツイてる」って言うクセをつけると、本当に「ツキ」が回ってくる。
書籍やメディアで目にしたり、耳にしたりします。

うん、それはそんな気がするし、っていうか、そうであってほしいな、って。
何か望まないことに出くわした時も、ツイってる!って口に出して、そして、その出来事のツイてる部分を探すクセがついていれば、折れにくくなるでしょうし、結果、健全ですよね。

でも、そんな「ツイてる」思考は、書籍を読んだり見たりしただけでは、身につかないですよね、実際。

ベリーダンスの本を読んだだけでは、ベリーダンスは踊れるようにならない。
楽譜を見てるだけでは、ピアノを弾けるようにはならない。
英語のテキストを眺めているだけでは、英語はしゃべれるようにはならない。
よって、何が起きても「ツイてる」って思えるスキルも。

それを、習慣化してこそ、「ツイてる」人になれるってことですから。
そのためには、やはりトレーニング!
そう、訓練、訓練、訓練。

よって、今日から、「ツイてる!」宣言します!
何が起きても、、「ツイてる!」って口にする(強く思う)。
結果にコミット。自分と固く約束をかわしました。

例えば、望まない状況の時。それでも「ツイてる!」と口に出して言ってみる。
でも、ものすごい違和感。
この時、脳は「何バカなこと言っちゃってるの?」と拒絶反応をしてきます。
でも、3か月も続けていると、最初の違和感を感じなくなってくる。
脳が「ツイてる!」理由を探し始めて、しっくりくるようになってくる。

これは、斎藤ひとりさんの「ツイてる!」って本に書いてあったし、
レイキで有名な望月俊孝先生も講演で言いつづけているし、
スピリチュアル系引き寄せの法則ではキホン中のキホンだし。

バカみたいに信じることで、本当になっちゃうって感じに違いなく。

では、早速。

まずは、斎藤ひとりさんの書籍に書いてあった例として、

朝、出がけに、靴ひもが切れたという状況

《ツイてない人》 
なんか不吉〜。今日1日運が悪そー

《普通の人》
 あぁ、劣化して切れる時期だったのか。

《ツイてる人》
 切れたのが出がけで良かった!駅で切れたら大変だった!ツイてる!

同じ状況だけれど、考え方、感じ方は真逆。
いい気分を選択しているだけ。
ツイてる人の感じ方なら、何か、いいことが起こりそうだし、嬉しくなってくる。

感じ方を調整していく訓練。

よーし。3ヶ月で「ツイてる」脳にするぞ!
と、結果にコミットしてみることに。

では、早速。


<状況>
今週は連日深夜近くまで残業のうえに、仕事がまた入り、週末も家持ち帰り。
——————

「ツイてる!」

——————

<ツいてる理由>

仕事がたくさんあって、ありがたいし、効率を考えるチャンスだ~

うー、超違和感。
本心は、まだ、
休みたい!逃げたい!投げ出したい!

訓練一日目。
完全に、ツイてない人脳です。

でもね、3ヶ月後はどんな状況でも、毎日ハッピー!
楽しみ、楽しみ。

あなたも一緒に、やってみませんか〜?

スポンサーリンク
関連記事